高い自動車保険のメリット

オプションや補償をしっかりつけて加入

任意の自動車保険は任意なので法律上加入は強制されていません。ただ強制加入の自賠責だけだと補償が弱いので、事故の相手のためにも自分のためにも任意保険への加入を検討すると良いでしょう。安く入るには補償をシンプルにすれば良く、対人損害賠償を無制限にしたものに加入するだけでも十分です。ただこれでは物への損害賠償が必要な時や自分や搭乗者がケガをしたときに十分な補償が得られないので、金銭的な問題への対応は難しいかも知れません。そこで保険料は高くなるもののオプションや補償をしっかりつけて加入するようにしてみましょう。自動車事故は自分が安全運転をしていれば遭わないわけではなく、十分な補償を付ければ安心が得やすくなります。

担当者の顔が分かる保険会社で加入

任意の自動車保険に安く入る方法として、ダイレクト系やネット系の保険会社から加入する方法があります。ネットなどで申し込み、書類の保険証書なども発行されないときもあります。経費を抑えて保険料を安くしているようですが、いざ事故が起きた時にどんな人が担当してくれるのか分からない問題があります。そこで従来の損保会社での加入を検討してみましょう。加入をしたい旨を伝えると損保会社の担当者が来て保険の内容をいろいろ説明してくれ、難しい用語なども細かく話してくれるでしょう。ネット系だと自分で言葉を調べたり補償を探す必要がありますが、こちらが何が必要かを伝えればそれに応じた補償を提案してくれます。事前に知っている人が事故対応してくれる安心さもメリットです。