安い自動車保険の注意点

安い自動車保険の条件とは?

安い自動車保険に入りたいと思っている人は、自分がその基準に当てはまるかどうかを確認する必要があります。ゴールド免許であることや事故を起こしていない自動車保険の等級が高い人。運転者の年齢が26歳以上、または、35歳以上であること。本人限定など、車に対しての運転者の限定ができることや走った分だけといった、走る距離が一定していること。車両保険をつけないこと。ほかにも、特約をつけないことや月払いではなく、年払いで保険料が払えるかどうかにもよります。CMでもよく目にするネット保険は、人件費や賃料が発生しない分、代理店に比べて安くなっていますが、対面での説明がないため、自分でよく確認してから契約しなければなりません。

安い自動車保険に入る条件は満たしているのか?

自動車保険の等級は、別の保険会社にも引き継げるので、等級が高い人はどの保険会社でも割引率が高くなっています。反対に、続けて事故を起こしたことのある人は、安い保険会社を見つけることは難しいでしょう。年齢によって保険料の割引があり、21歳を超えると年齢による割引がありますが、26歳以上になると、さらに割引率がアップするため保険料も安くなります。

車の型式が古くなっている場合は、車両保険をつける必要はあまりないですが、新車購入の場合は、車両保険は必要と思われます。走行距離に限定がある場合は、契約した距離以上を走ってしまうと保険が適用されないので注意が必要です。また、特約には、事故を起こした際の弁護士費用が含まれていることがあり、万が一にも事故を起こした場合には、かえって高い代償を払うことになるかもしれません。万が一の時を考え、いざという時に備える保険をどれにするかを考えなければなりません。