安い自動車保険の特徴

ネット自動車保険とはどんなものか

安い自動車保険の代表的なものとしては、「ネット自動車保険」と呼ばれるものがあります。ネット自動車保険とは、インターネットを利用して見積もりや加入申し込みができるというものであり、代理店を通さず手続きができることが大きな特徴です。従来の自動車保険は、各地にある代理店を通して申し込みをするのが普通でしたが、ネット自動車保険では代理店を通す必要がないため、その分保険料を安くすることができます。 また、自動車保険では事故対応がどうなるのかということも気になる部分だと言えますし、保険料が安いとその対応も悪くなるのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。しかしネット自動車保険は、代理店を通さない分安くなっているだけなので、安いからといって事故対応も悪くなるということはないと言えるでしょう。

さまざまな割引制度で安くできる自動車保険もある

ネット自動車保険以外の安い保険としては、「セカンドカー割引」と呼ばれる割引制度が適用できるものがあり、多くの保険会社で利用することができます。セカンドカー割引とは、文字通り2台目の自動車を購入して自動車保険に入る際に適用されるものであり、1台目の保険料よりも安くすることが可能です。またセカンドカー保険は、1台目とは別の保険会社でも利用することができるというメリットもあります。 その他の、保険料が安くなる割引制度としては、契約を継続した場合に保険料が安くできるという「継続割引」や、誰かに保険を紹介することで割引してもらえるという「ご紹介割引」などがあります。このように、自動車保険を安くする方法はさまざまあるため、自分に合った方法を探してみるとよいでしょう。